05)ラム

2011.05.05

今日はラムの誕生日。

1999年の今日、ラムは生まれました。
それから2ヵ月後。
7月にウチにやってきたのです。
とってもちっちゃくてね。
片手に乗るくらいだったの。

ずっとちっちゃいままでね。
歯も米粒よりもずっとちっちゃいままでね。
ラムちゃんは、ずっと赤ちゃんみたいだった。

でも、シロとの間に赤ちゃんができたの。
2002年の夏。
だけれどラムの身体が小さすぎて。
帝王切開になった。
赤ちゃんは3匹。
ラムは自分の子供だという自覚がなくて。
赤ちゃんの泣き声に怯えちゃって、育児放棄。
だから、私がミルクをやったり排泄させたりしていたんだけれど、力及ばず。
赤ちゃんたちは2日後には天国に逝ってしまった。

もしかすると、ラムが一番病院に行ったかもしれないね。
身体が弱くてね。
元気はあるんだけれど。
何かと病院へ行くことが多かった。

シロはラムが大好きで。
いっつも追いかけ回してた。
でも、ラムは知らんぷり。
今はどうかなぁ・・・。
ラムちゃん、シロと仲良くするんだよ。
シロはラムが大好きなんだから。

シロ、ラムにまた逢えてよかったね。
たくさん追い駆けっこしてね。
いつか仲間に入れてね。

ラム、お誕生日おめでとう。
ラムが天国に逝ってしまったのは2005年の09月。
もう5年半が過ぎちゃったね。
早いなぁ・・・。
ラムがいなくなったら生きていけないって思ってたんだよね。
でも、シロとプー助がいてくれて。
今はシロもプー助も天国に逝っちゃった。

みんなで仲良く見守っていてね。
いつかまた一緒に遊ぼうね。
楽しみにしているから。

ラムちゃん、大好きよ。
ずっとずっと大好きだよ。

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.28

ラムちゃんの命日です。

2005年の今日、ラムは天国に逝きました。
あれから5年。
辛くて悲しくてしんどい日々だった・・・。
優しい想い出に変わっていくまでに、とてもしんどい思いをしたな。
ラムはいつまでたっても子供のままで、甘えん坊だったから、寂しくないかなって心配ばかりしていた。
今はもう大丈夫かな?
みんなと仲良くしてるかな?
シロも元気だよ。
みんなと一緒に見守っていてね。

ラムちゃん、また一緒に遊ぼうね。
みんな一緒に遊ぼうね。
ラムが好きなプー助とも遊んでいるかな。
いつか仲間に入れてね。

☆ラムが頑張った記録は2005年09月のブログをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.28

ラムの命日

S_ram_10

2005年の今日、ラムは天国に旅立ちました。
ラムがうちに来たのは1999年。
生まれたのはその年の5月。
なので、6歳だったんですね。
ラムがそんなに早く逝っちゃうとは思わなかったので、そのときはパニックでした。
たぶん、てんかんだったと思うんですね。でも、気づくのが遅かった。
通っている獣医さんって、本当に慎重に選ぶべきだと思いますよ。そのときに、かかりつけのお医者さんが、それを考えてくれれば...。大丈夫、大丈夫って言われて、そのまま信じちゃって、どんどん悪くなってから、別の病院に駆け込みました(今、シロが通っている病院です)。
そのときには脳圧が高くなっている状態で危ないよと言われ、即入院です。それから3日後くらいかな、旅だったのは...。
毎日、泣きはらして、ご飯も食べられず、夜も寝られず、それでも仕事には行かなきゃいけないし。もう、どんなふうに過ごしていたか、ちゃんと思い出せない。
ラムの闘病記は、こちらをご覧下さい。ラムは頑張りました。一番、ラムが頑張ったんです。でも、もういいよねって。これでいいよねっていって天国に逝ってしまったんです。

ラムはちっちゃくて、いつまでもいつまでも赤ちゃんみたいだから、全然そんなことが起きるなんて想像もしてなかったんだ。

やっと今、笑ってラムのことが話せるよ。
ね、ラム。
シロがね、ラムのこといつも追いかけ回してたよね。
ラムに怒られて、シュンとなっていたよね。
でも、今はすごいよぉ。
ラムより、甘えん坊になっちゃった^^
シロも、ラムのところに逝っちゃうのかなぁ。
でも、まだまだ先だよね。
シロが少しでも少しでも長くこっちにいられるように、見守っていてね。
プー助やチビちゃんたちと仲良くね♪
また一緒にあそぼうね~^^
楽しみにしてるからね^^
愛してるよ、ラムちゃん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.05

今日はラムの誕生日♪

S_ram_10

1999年05月05日、ラムちゃんは生まれたんだ。
ウチにいたワンコの中で、ちゃんとした誕生日がわかっているのはラムだけ。
ほかのワンコは、ウチに来た日が誕生日。

1999年04月にチビちゃんが天国に逝ってしまって、家の中が寂しくなった。その寂しさに耐えられなかった私と母が、新しいワンコを迎えたいねと探していたところ、運のいいことに叔母さんの知人の家でマルチーズの赤ちゃんが生まれたばかりで、引き取り手を探しているという話が舞い込んだ♪
まずは、ご挨拶にと会いに行ったところ、マルチーズの赤ちゃんが2匹、よちよちと床の上を歩き回ってたの!
すっごく可愛いheart04
片手に乗ってしまうほどのちっちゃい体。
♂と♀がいるけど、どっちがいいですかと聞かれ、女の子の方を選んだ。
まだ乳離れができていないから、実際に引き取るのは7月初旬ということになった。

ただ残念なことに、06月下旬から10月初旬にかけて、私は職場の研修で県外に行くことになっていた。
引き取った直後の躾は全て母に一任。

ラムちゃんは本当に甘えっ子。ウチのお嬢だったんだ。
いつでも誰かの側にいないと落ち着かない。
寂しがり屋でさぁ、甘えん坊でさぁ、可愛くないわけがないじゃんheart02
寝るときも一緒だったしねhappy01

プー太郎、ラッキー、チビちゃんと、次々に天国へ逝っちゃった後で、とても後悔していたので、ラムには絶対に辛い思いはさせないと誓った。
ワクチン注射も毎年受けて、ちょっとでも様子がおかしかったら病院に行って。
いま考えると、その病院選びをもっと慎重にすべきだったと思う。
チビちゃんはその病院で、誰もいない夜中、1人で天国に逝っちゃった。そんな病院、見限るべきだったんだ。
私が心配していることを一生懸命に伝えようとしても、「そんなことはよくあることですよ。心配しなくても大丈夫」。そんな回答ばかりだった。そのときちゃんとした治療を行っていれば、ラムはまだ元気だったかも知れない。
そこを間違えてしまったので、ラムちゃんは間違った治療を受け続けて天国に逝くことになった。
夜中に急に具合が悪くなって、別の病院に入院した。24時間ずっと看てくれる病院だった。先生もスタッフのみなさんも、一生懸命に診てくれた。
でも、時すでに遅し。ラムちゃんが天国に逝ったのは2005年09月。
詳しい状況はこちら

ラムほど手がかかった子もいないよなぁ。
でも、それだけ可愛かったって事なんだよ。
ホントにホントに大好き!
寝る度に腕枕してあげて、でもそのたびにラムを失う恐怖も感じて、そんな日がまだまだずーっと来ませんようにと毎日思ってた。

今日で10歳かぁ...。ラム、ちゃんとお母さんとして赤ちゃん育ててますか?
2002年07月、ラムとシロの赤ちゃんが生まれたんだけど、ラムが育児放棄してしまって、生まれてすぐに赤ちゃん達は天国に逝っちゃったの。
いまは仲良くしてるかな。
チビの方が少しお姉さんなんだけど、ラムちゃんのこと、ちゃんと見てあげてね。
ホントに1人じゃ何もできない甘えん坊のラムちゃんだから...。

ラム、本当にお誕生日、おめでとう♪
いつかまた一緒に遊ぼうねheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.28

今日はラムの命日

S_ram_10

2005年の今日、ラムちゃんが天国に旅立ちました。
詳しくは、2005年09月のブログをどうぞ。
少し様子がおかしいな、と思ったら、あっという間に...。
ラムの時ほど、病院選びが大切だと痛感したことはありません。
どのお医者さんに預けるか、本当に大事だと思います。
ラムちゃんも、もっと早く「動物病院22時」のスタッフの皆さんにお預けしていれば、もう少し元気でいられたかもしれない。本当に、本当に、後悔ばかり...。

ラムが元気なときは、ラムがいなくなったら生きていけないだろうなぁと思ってました。
ラムがいなくなることが、怖くて、怖くて、たまりませんでした。
実際にラムの死に直面していた数日間、眠ることも食べることもできなくて、いつも泣いてばかりいたような気がします。
いつも一緒に寝ていたラムがいない...。
心に大きな穴がぽっかり空いたようで、何で埋めていいのかわからないまま、ただただ悲しみが思い出に変わっていくのを待つしかできませんでした。
本当に、私は動物の面倒を見る資格があるのかなと悩んだりもしました。
一緒に暮らす資格って...」に書いています。
悲しみがだんだんと薄らいでいくにしたがって、こんなに早く悲しみから解き放たれてもいいのかなって罪悪感も大きくなったりもしました。もっと、もっと、ラムのことで苦しまなきゃいけないんじゃないかって。

今は、元気なときのラムちゃんを思い出すようにしています。
ラムもその方が嬉しいだろうと思うし。
ラムが寂しいと思ったら、ちゃんとサインを送ってくれるだろうと思うし。

ラム。まだまだ先だと思うけど、また会える日がくるよね。
また一緒に遊ぼうね。
そのときは、シロも、プー助も、みんな一緒だよ。
楽しみに待っていてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.04

ラムの夢を見た...。

夢の中にラムが出てきた。
といっても、ラム自身が出てきたわけではなくて...。

夢の中でも私は結婚していて、実家からは出てるのね。シロを連れて。
で、何でラムを実家に置いて出てきてしまったんだろうって夢の中で悩んでる。
ラムも一緒に連れてこなきゃいけなかったのに、何で置いていったんだろうって。
ラムが寂しがってるから、早く迎えに行かなきゃって思ってるんだ。
夢から覚めかかっているときにも、ラムを迎えに行かなきゃってずっと思ってた。
だんだんと目が覚めるにつれて、「あれ? ラムはもういないよ」って気づいていった。
そうだよね、ラムはもう2年半も前に天国に逝ってしまってるんだよ。
だから、私はシロだけを連れて、引っ越してきたんだ。
ラムも元気だったら、置いていくはずがないもん。

久しぶりにラムの夢を見たのに、なんか寂しくなる夢だったな。
ラムも寂しがっているのかなぁ...。
ラッキーやプー太郎やチビちゃん達と仲良くできてるのかなぁ。
天国にいるラムがちょっと気がかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)