04)チビ

2009.08.22

チビの誕生日♪

S_chibi_13

1998年の今日、チビちゃんはウチにやってきました。クルクルヘアの可愛いお転婆な女の子。
ウチの父がもらってきたワンコでした。
最初、それを知らなくて、遊んでいたんです。
私、小さな犬や猫にはすぐ「チビ」って呼ぶ癖があって、それで「チビ、チビ」って呼びながら遊んでました。そしたらウチの犬だよというではないですか! 他の名前で呼ぶ気がしなくなっちゃって、そのまま名前はチビちゃんになりました。

チビちゃんはウチで初めての室内犬。
頭のいい子でトイレもすぐ覚えて、家の中をピョンピョン跳ね回って、本当に元気な子でした^^
プー太郎、ラッキーと相次いで見送ったあとだったので、寂しくなっちゃっていた我が家を再び賑やかにしてくれたワンコです。
ご飯を食べていると、ねだってきたり。布団に横になっていると、ピタってくっついて一緒に寝たり。全部初めての体験。なんて可愛いんだろうって幸せいっぱいでした。

でもね。
でも、翌年の4月1日に逝ってしまいました。
早すぎるよ、チビちゃん。。。
私たちが気づくのが遅かったのかな。。。
ゴメンね、チビちゃん。。。
本当に短かったけど、思い出はたくさん残してくれました。

チビ、今はどうしていますか?
ウチに来てよかったですか?
それとも怒っているのかな。。。
早く会いに行って謝りたい気持ちでいっぱいだよ。
チビとプー太郎にはね、謝らなきゃ。。。

ラムちゃんのこと、よろしくね。
チビちゃん、お姉ちゃんだからね。
また一緒に遊べる日まで、忘れないでね。
怒っていたとしても、忘れないでね。
じゃ、またね。チビちゃん。
大好きよ、チビちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.01

今日はチビの命日

1998年08月22日、チビちゃんはウチにやってきた。クルクルカーリーヘアーで、元気いっぱい!お転婆な女の子。

S_chibi_13

プー太郎、ラッキーと続けて天国に逝っちゃって、寂しくなった我が家に、とても賑やかなチビちゃんが加わった。
初めて室内で暮らしたワンコでもあったんだ。
いつでも一緒。寝るときも一緒。ご飯の時も一緒。
ホントに楽しい毎日だったなぁ。

そんなチビちゃんが突然、具合が悪くなったのが1999年03月末。
昨日まで元気だったのに、どうして?ってホントにビックリ。
胃液がなくなるまで吐き続け、それでも吐き気が収まらない様子で、とても辛そうで見ている私も辛かった。お水も飲めなくて、脱水症状を起こしていた。
病院が開くまで、一晩中一緒にいたけど、だんだんチビの身体が冷たくなっていくのが手のひらで感じられた。今でもその感触は手のひらに残っている。
だから、シロやラムたちが大人しいときには、すぐにおなかに手をあてる。そして体温を感じて安心するんだ。

朝9時になって、その時にお世話になっていた病院に連れて行ったときには、たぶん末期だったのだと思う。
点滴を受けながら、どこかが痛むのか「クーンクーン」泣き続けるチビを見ているのは、とてもつらかったぁ。
結局は入院ということになったのだけれど、朝は9時にチビの顔を見て出勤、夕方は早退して19時までチビのそばにいて。そんな日が3日くらい続いた。

ちょうどそのとき、私は4月から新しい職場に異動することになっていた。
4月1日は、その辞令交付式があるので、遅刻するわけにはいかない。
なので、その前日の夜、「明日の朝は来れないからね。ゴメンね」って言って後ろ髪引かれるような思いで家に帰った。だけど、その日にお医者さんが「食欲が出てきているのか、少し元気になっているみたいですよ」と言ってくれていたので、ホッとしたんだ。

でも、翌日の朝の職場。当時は携帯電話を持っていなかったので、職場に母から電話がかかってきた。チビが亡くなったと...。「なぜ?元気になったんじゃなかったの?」それだけで頭がいっぱい。
夜の誰もいなくなった病院で、たった1人で天国に逝ってしまったんだって...。その病院、夜勤はいなかったんだ。後で知ったことだけど、最初っから知っていたら預けなかったのに....。
寂しがり屋でひとりぼっちが嫌いだったチビなのに、どうして最期に1人ぼっちにさせちゃったんだろう....。

すぐにでも家に帰りたかったけど、辞令交付式は出なければならない。
交付式が終わってすぐ家に戻ったら、堅くなったチビちゃんがいた。
ちっちゃくて堅くなったチビちゃん...。

ゴメンね。ホントにゴメン。
ひとりぼっちで天国に逝かせるんだったら、絶対に入院なんかさせなかったのに。
チビちゃんには謝ることしかできなかった。

S_chibi_15

1999年04月01日。
あれから10年。
早いね、チビちゃん。
私がしっかりしていたら、まだ元気だったかもしれない。
今はどうしているだろう。
私のこと、許してくれるかな。
チビ...。
一緒にいられた時間は短かったけど、すごく楽しい時間をもらったよ。
ホントにゴメンね。
チビにはたくさん謝らなきゃ。

今度会ったときには、まずチビとプー太郎に謝りたい。
そして、私たちの家で暮らして、よかったと思ってくれているのかどうか聞きたい。

待っていてね、チビちゃん。
忘れないでね、チビちゃん。
愛してるよ、チビちゃん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.13

今度はサークルの外でお留守番

昨夜は、シロをサークルに入れずに眠ったのね。朝はとりあえずオシッコもウンチも散らばっていなかったよ。よかった(^^)
なので、今度はサークルに入れずに30分程度のお留守番をさせてみた。近所のスーパーに買い物に行く間だけね。
出かけるときも泣かなかったし、帰ってきたときもそれほど興奮してない。ただ、玄関でずっと待っていたみたい。やっぱり心細かったのかな...(^^;
サークルに閉じこめられるよりは、サークルの外にいた方が落ち着くのは落ち着くんだね。トイレさえ完璧に覚えてくれればなぁ〜。サークルの外で長時間でもお留守番させられるのに...。目標はそこだね(^^)

最近、午後3時頃に20分くらいのお散歩に出かけてる。リードを見せると喜んで玄関に走って行くようになったよ(^^)。お散歩中は、ずっと小走りで、ホントに落ち着きが無いんだよね〜。嬉しくて仕方ないのはわかるけど、心臓が心配...。今日は最後の5分は抱っこして帰ってきた。ちょっと息が切れて、呼吸が苦しそうだったから。
この子の「興奮癖」は治るものかしら...?
いろんな体験をさせていけば、ちょっとしたことで興奮することもなくなるのかな?
できるだけ、いろんなところに連れて行くことにしよう。シロの負担にならないように気を付けながらね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.12

さすがにきつかったかな...(^^;

シロは今日、夕方の6時から23時まで5時間の留守番。
これはさすがにきつかった様子。帰ってきてもしばらくは息を切らしていて興奮がおさまらなかったもの...。でも、心臓が弱いシロ。あまり興奮させすぎると問題なんだよね。だから今日の夜は、サークルに入れないで眠ることに。
最近はトイレも覚えてきていることだし、大丈夫でしょ(^^)
ゆっくり眠れるといいね、シロ。

さて、プー助。
妹によると、15分程度の散歩もちょっときつくなってきているらしい。ドッグフードも、チョコッとしか食べないって。鶏のササミをゆでてあげると、喜んで食べるみたい。
沖縄といってもこれからは徐々に寒くなっていく。プー助、大丈夫かなぁ...。
今度、実家に帰ったときに、様子を見てみよう。待っててね、プー助。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.10

トイレは「ほぼ」完璧!

シロがやっとトイレの場所を覚えてくれた(^^)
サークルの外にいても、オシッコがしたくなったら、ちゃんとサークルに入ってトイレの場所を確認してオシッコしてくれる。ただ、トイレの端っこに前足だけを乗せてやっちゃうことが多いから、はみ出したりしちゃうんだけどね(^^;

トイレでオシッコやウンチをしたら、ご褒美におやつを少しあげるっていうのを2、3日繰り返したんだ。そしたら、ちゃんと覚えてくれた(^^)
ゴミ出しや郵便物を取りに行ったりするような数分間だけシロだけにするときに、トイレじゃないところでやっちゃうことがあるんだけどね。そんなときは、ほとんど玄関でやっちゃってる。だから完璧に覚えたわけじゃなくって、「ほぼ」完璧なの。

ウンチをするときもサークルには入って行くよ。ただ、トイレの上が狭すぎるのか、少しやりづらそう。今までは家の庭で、歩き回りながらウンチすることが多かったからなぁ。その癖が抜けないんだろうな。

あとは夜泣きがなおって、お留守番ができるようになったら、完璧だなぁ。
気長に付き合っていこう(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.09

またもや大騒ぎ...(泣)

シロ、今日は朝9時過ぎから13時までのお留守番。
出かけるときにはそれほど騒いでいなかったので、今回も大丈夫だろうなぁと思いながら出かけたのね。だけど、この読みが外れた...。帰ってきたら、シロのサークルはグチャグチャの大騒ぎ!またもウンチをして、その上で暴れまくっていたよぉ〜。
シロが気になるからってお昼ご飯を食べずに急いで帰ってきた私とダンナ様。お腹空いたね〜、お昼は何にしようかぁって話してたのに、お昼どころじゃなくなっちゃった(^^;
まずはまたサークルを分解して、シロの寝床もカーペットもトイレも、みんなみんな片っ端から洗っていった。あ、もちろんシロもシャンプーね。あっちこっちに付いてるウンチを洗い流し終わったのが1時間後。それからお昼の準備をしたから、結局お昼ご飯にありつけたのは15時過ぎだったよ。お腹空かせて帰ってきたのにぃ〜!

いつになったらシロは長時間のお留守番に慣れてくれるかなぁ。今は1時間半が限度かもね。
来月までは私はお仕事をお休みしているのでOKだけど、2月からは朝から夕方までずっとお留守番しなきゃいけなくなっちゃうのになぁ。今からそれが心配だよ。

シロは私に一番慣れていて、私を信頼してくれているから、実家においていくより一緒にお引っ越しした方がシロにはいいかなって思ってたけど、違ったかなぁ。シロにとってはどっちが良かったんだろ?
シロと一緒にいたいなって思ってたのは、私のワガママだったのかなぁなんて、ちょこっと思ったりもする今日この頃...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.08

今日は長時間のお留守番

シロは、今日、午後1時から4時半頃までのお留守番。
これまで「お留守番」っていっても、せいぜい1時間程度しかさせてなくて、それでも大騒ぎしてたから今回はどうなるんだろうと思って心配だった。
とにかく「さりげなく」家を出ようと思って、2時間ほど前から準備。まずシロをサークルに入れた。で、その30分後に、全部の窓を閉めて戸締まり。その30分後に、シロのサークルから見えにくいソファに移動。その30分後にやっと出かけた。その間、シロは寝息を立てていたり、起きたりを繰り返していたのね。玄関を出た直後、耳をすましてみたけど、泣き声は聞こえてこなかった。しばらく...10分くらい玄関の前で待ってたかな。それでも泣く様子がなかったので、家を離れることに。
今回は私の方も少し落ち着けたけど、帰りに道に迷ってしまって、「早く帰りたいのに!」とちょっとイライラしてしまった(^^;
家に帰ってみると、シロのトイレのシーツがグチャグチャになってた。かなり暴れたんだね(^^;
息も少しあがってたかな。ちょっと落ち着いた頃を見計らって、サークルから出してあげたら、大喜びして飛び出してきたよ。やっぱり怖かったんだろうね〜。
これで3〜4時間程度のお留守番もOKかなって感じ。あと数回もすれば、慣れてくれるかな。そうだといいな(^^)

昨晩は1時間半おきくらいにシロに起こされたから、今日の留守番もできるかどうか心配したけど、まずは合格(^^)
明日もまた4時間程度のお留守番の予定。今度も上手くできるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.07

シロの夜泣き

まだトイレのしつけができていないシロ。今までは室外で暮らしてたから、したいときにしたいところにオシッコやウンチをしてきたのね(ウチにやって来る前はわかんないけど...。)。
でも、これからはちゃんとトイレでオシッコしなきゃいけない。少しずつ覚えてきてはいるんだけど、まだ完璧とは言えない状態。だから、夜はサークルの中に入れておくの。これがシロにはイヤみたい。私の姿が見えないことが「イヤ」らしくって、私が寝室に入った途端、「キャンキャンッ!」って始まる...。ほおっておくと、1時間でも2時間でも泣き続けそうな勢いなんだよねぇ〜。(ま、これは夜だけじゃなくって、お留守番の時もそうなんだけどさ...。)
まずね、30分くらい泣き続けたところで、私がいったん、サークルのある部屋と同じ部屋に行くの。でも顔は見ないで背中向けたままでね。で、ちょっとでも泣き始めると、舌打ちして「ダメよ」って気付かせる。そのうち、シロも落ち着いてきて、大人しく寝始めるんだ。これを毎晩繰り返してるような状態...。それでも、夜中の3時か4時くらいに、もう一度泣き始めるから、起き出して同じことをやるの。
いつになったらアパートにも慣れて、トイレも覚えてくれるかなぁ〜。子犬なら慣れるのも早いだろうけど、シロはもう「おじいちゃん」って言ってもいい歳だからなぁ...。かなりの覚悟がいるかも(^^;

だけど心配なのは明日。少なくても3時間近くはお留守番させなきゃいけないんだ。今日、試しに1時間半のお留守番をさせてみた。アパートを出るときと帰ってきたときは、それはそれは激しく泣いていたんだけど、ず〜っと泣いてたのかなぁ...。シロは心臓があまりよくないから、それも心配。元気ではあるんだけどねぇ...。

根気よくじっくり慣れさせていくしかないな。しばらくの間、一緒に我慢しようね、シロ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.12.04

初めてのお留守番

今日は、お昼過ぎに1時間ほど、シロをサークルの中に入れて買い物に出かけた。シロもドキドキしたと思うけど、それ以上に私の方がドキドキ。車を運転していても、レジで袋詰めしてもらってる時も、ずっとシロが気になって仕方なかったよ〜。
でも、アパートに帰ったら、シロがちゃんと迎えてくれたので一安心(^^)
ウンチもオシッコも、トイレでしてくれていたしね。スッゴクお利口さんにお留守番できた。初めてにしては上出来。合格♪

そして夜。二度目のお留守番。今度も1時間くらい買い物に出かけたんだけど、帰ってきたら大惨事!
ウンチをカーペットの上にしていて、おまけにその上で暴れ回ったらしく、サークルの中はあっちこっちにウンチが飛び散って....(泣)
仕事から帰ってきて疲れてるはずのダンナ様と二人がかりで、カーペットを洗ったりなんだりして、1時間もかかったよぉ。シロのバカ〜!!
それでも、何にもなかったような無邪気な顔で見つめるシロを見ると、可愛いなぁと思ってしまうんだけどね(^^;
留守番の時はビニールシートか何か敷いておいた方がいいかなぁ...。考えてみようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.03

シロとお引っ越し

2006.12.02、シロとお引っ越しをしました。
新しいおうちはアパートなので、プー助は実家に置いたまま。
プー助の様子は、妹が見てくれるから大丈夫だとは思うけど、ちょっと心配かなぁ...。
シロは、今まで屋外で暮らしていたのを、屋内に変えたものだから、落ち着きが無くって困ってしまう...。トイレも覚えてくれず、あっちこっちでオシッコやらウンチをして、その後片付けに走り回ってるような感じ(^^; まだ、2日目だからしょうがないかな。
でも、サークルに入れた途端、大声で何時間も泣き続けるのには、お手上げ....。サークルにいてくれれば、オシッコやウンチの被害も最小限ですむのに...。
夕べは結局、サークルの外に出したまま夜を過ごした。おかげで朝はあっちこっちのオシッコ、ウンチの片付けをしなきゃいけなくなったよ〜。何とかならないものかしら...。慣れるまでの辛抱かな。

家の中でも、私のあとを追いかけ回して、落ち着き無いったらありゃしない(^^;
ラムを思い出しちゃった。ラムもそういえば、しょっちゅう追いかけ回してたなぁ〜

そのうち、シロも私も新しい生活に慣れるでしょ(^^)
気長にいきましょうかしらね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧