« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年1月

2012.01.29

名護さくら祭りへ^^

遠出をしたいという相方さんの要望により、名護へ。
高速があるから、遠出と言ってもそれほど遠くは感じませんね^^
昨日からさくら祭りが始まっているようですが、朝早くに出かけたせいか、あまり人は多くなくて助かりました。
9時半頃…に着いたのかな。

名護中央公園の入り口付近には屋台がたくさんありましたよ♪
20120129_demise


20120129_demise02


これから名護城址へ。
上りが続きます。体力が心配…^^;
20120129_sakura


20120129_sakura02


中腹あたりの桜。
20120129_sakura03


途中でリタイアです^^;
下りも結構しんどいです…。
20120129_return


鳥居まで上ったところで、貧血を起こして一歩も動けなくなりました。
久しぶりに倒れるかと思いました。体力をつけなければなりませんね。最初は緩やかな上りなのですが、中腹以降は少し急な階段になるようです。10年ほど前にはてっぺんまで上ったように思います。来年は必ず最後まで上りきって、景色を楽しみたいな~と思います。

いいお天気で良かった!


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.01.13

オスカー、1匹だけになっちゃった(涙

今朝、相方さんが水槽を覗いたところ、オスカー2匹のうち1匹が死んでいたそうです。
今週に入ってからエサも食べなくなっていたからなぁ…。
去年の暮れから顔に怪我をしていました。

2007年の暮れにウチへきたので…、丸4年ちょっとかな。
水槽が綺麗になったばっかりなのになぁ。
でも、最期に綺麗な水槽で過ごせてよかったのかな。

これで、90cm水槽にセネガルス1匹、60cm水槽にオスカー1匹と、寂しくなりました。
春になればまた増やすのかもしれません。

逝ってしまったのは右側のオスカー。
Fish_02


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.01.02

識名園に行ってきました^^

とてもよいお天気で、外を歩くと少し汗ばむほど。
まぶしい陽射しと青空、そして爽やかな風が気持ちいいお正月です。

今日は、識名園に行ってきました。
琉球王朝時代に冊封使をもてなすために作られたとのこと。

01enter


正門近くにある番屋です。
02banya


木陰が陽射しを和らげてくれますね。
03road


正門です。
04seimon


05seimon


大きな池がありますよ^^
06ike


池には2つのアーチ型の橋が架かっています。
10ike


御殿(うどぅん)です。中にも入ることができます。
07_02udun


07udun


池に浮かぶ六角堂です。あずまやですね。
手前にあるアーチ型の橋は一つの石を削って作られたものだとか。
07_03rokkakudou


滝口です。
08takiguchi


09takiguchi


勧耕台から望む景色。
沖縄では少し高いところからだと、だいたいどこからでも海が見えるのですが、ここからは見えません。琉球の地を大きく見せるためにこの場所に展望台を作ったということのようです。
11kannkoudai


起伏があって、四季折々の草木も愉しむことができる工夫がこらされています^^

次はどこに行こうかなぁ♪


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.01

2012年、今年もよろしくお願いします^^

新しい一年が始まりました。

昨年は、5月にシロが天国へ逝きました。
12月には相方さんの実家のミルが天国へ…。
悲しい別れが続いた年でした…。
二十数年ぶりにワンコのいない生活になりました。

まだ、シロのベッドはそのままなんですよね…。
1周忌が過ぎたら片づけようかと思っています。
それまでは…。ね。

去年の大晦日のカウントダウン。
シロが相方さんに抱っこされてソファで寝てました。
年が明けた瞬間、眠っているシロを起こして怒られたのを思い出します^^
「ゴメンね~。明けましておめでとう!」って、シロに謝りながらあいさつ。
今年は、空に向かってあいさつでした。
みんなに。

来年はどんな年明けを迎えるのでしょう。
今年はどんな一年になるのかな。

みんなが無事に過ごせる一年になりますように…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »